万宝院ファームの美味しいお米「はえぬき」「つや姫」

田園風景と米坂線

置賜の豊かな田園地帯を駆ける単線、米坂線。米沢と新潟県村上市の坂町を結びます。

田んぼの中で農作業をしていると、どこからともなくガタンゴトンと田園を駆け抜けていく光景は日常の一コマです。

1両編成と2両編成の便があり、田んぼの中を駆けゆく姿は風情ありまくりです。きっと昭和初期の光景から何も変わっていないのでしょう。

万宝院ファームは萩生駅と羽前椿駅の中間あたりに位置し、どちらの駅からも徒歩20分ほど。

田舎は車社会、電車に乗ることはそれほど多くはないですが、ファームのそばに駅があるのは何かと便利です。

全線通して走る便は一日5本ほど。利用客も地元の高校生が主と、典型的な地方ローカル線ですが、いつまでも現役であってほしいです。

日暮れに溶け込む米坂線

Share this post



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。